地球7度目の大立て直し! 淡路ユダヤ シオンの山-2

Pocket

楽しんぼ♪はち∞です。

2018年、1月14日。

生まれて初めて行く淡路島・・・

なぜ、淡路島にいくことになったのかは、こちらをお読みください。

2018年宇宙も本気です 淡路島 シオンの山へ!

 

朝いちばんの高速バスで、三宮から津名港へ。

明石海峡大橋から見る朝日が美しかった・・・

 

誘ってくれた、道拓きコスモナビゲーター、村上ゆかこさんの車で
まずは淡路島一宮である伊弉諾神社へご挨拶。

 

朝一番の神社はとても清々しく、淡路の地に迎えていただけた気がしました。

 

午後2時、約束の地、シオンの山へ。

シオンの山を管理しているのは、
こちらの本の作者である、魚谷佳代さん。

この山のことは、こちらの雑誌にも詳しく掲載されています。

 

特に注目すべきは、こちらの地図。

千ヶ峰(兵庫県)、玉置山(奈良県)、剣山(徳島県)の
霊峰三山を結ぶ頂点にこのシオンの山が位置しているのです!

古事記によれば、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)が
最初にお生みになったという淡路島。

ところが、そのずっとずっと前、古代ユダヤの氏族が「地上天国」を求めて世界中を旅した結果、
たどり着いたのがこの地だという伝説がここにはあるのです。

イスラエル遺跡というのが、この近くにあるのですが、
古代イスラエルの方々が確かにこの地にいたという証拠も、出土しているそうです。

旧約聖書と古事記の、天地創造の記載が良く似ているのも、そのせいかもしれません。

どういう訳か、寺の娘のくせに、子どもの頃の愛読書が
「旧約聖書」や「日本の神話」だった私としては
妙に気になる逸話です。

さて、魚谷さんの案内により、シオンの山に連れて行っていただくと・・・

 

かぐわしい、柑橘類の香りが辺り一面に!!!

 

さらに、頂上付近まで歩いていく道では
ものすごい数の鳥が、歓迎してくれましたーー

何とも期待が膨らみます!

 

急斜面を、ロープを伝いながら登っていくのですが
どういう訳か、全く息が切れません。
導かれているんだなーと、つくづく。

 

頂上付近には、いくつもの手作りのお宮がありました。
これらのお宮は、特定の宗教の垣根を越えて、神様に祈りを捧げる場所とのこと。

魚谷さんは、1999年3月に、神様がお座りになる神座を創るよう
あるお坊さんを通じて、メッセージを受け取り

2007年11月7日から、山頂を中心に「天地之本宮(あめつちのもとみや)」と呼ぶ、
神座となるお宮をいくつか祀るようになったそうです。

さらにそのメッセージでは

地球はこれから、「7度目の立て替え」を迎える。
それを無事に乗り越えるには、神々の力と意識の目覚めた人々の清い御霊が必要である。

とも・・・

以来、魚谷さんはこの地を守り、祈りを捧げ続けています。
※シオンの山への参拝は、毎月7日となっています。
   シオンの山は私有地のため、自由な出入りはできません。

 

お話を聞いて、身の引き締まる思いでした。
やはり、地球は大きく転換する時期を迎えているんですね!!!

 

さて、下記は各お宮のご紹介です。
詳しくは、アネモネ2017年7月号をご覧ください。

1.百合の宮(ゆらのみや)

 

2.布留辺の宮(ふるべのみや)

3.桃の宮(もものみや)

4.元一御阿礼の宮(もとつはじめのみあれいのみや)

5.宗像宮(むなかたのみや)

 

そして、頂上付近には、幹が8つに分かれた「八龍之宮」が!!

 

一緒に行った、村上ゆかこさんには後ろに宇宙人がいるのですが・・・

その宇宙人によると

「この木は、古代の人たちによって植えられた。
 この木は、エネルギーの発射している方に向いている

また

ふるべの宮の石の下からは、八方に光が広がっている」

との説明が!!!

宇宙人解説付きの、旅って面白すぎ!

さらに、

こちらの山自体が、巨大なオルゴナイトに土が被さっているようなもの
とも教えてくれました。

どうやらこの地は、古代の神殿跡だったようで、あちこちに大きすぎる石がありました。


案内してくれた魚谷さんも、宇宙人解説に納得しきり。
使命に突き動かされて、この宮を作った魚谷さんにとっても、今回の出会いは特別だったようです。

各宮の案内とお祈りを全部終わりになるころには、すっかり暗くなっていました。

途中で帰りの東京行の便に間に合わないと気づいたけれど、
不思議と慌てることもなく
最後まで、一緒にいたいという気持ちになっていました。

お忙しい中、お時間を取らせてしまった魚谷さんとスタッフの皆さん
淡路島に誘ってくれた村上さん、

この貴重な体験ができたことを、心から感謝します!

本当に、ありがとうございました!

直感だけに従って、ここに来られて良かった!
次回は、7日の参拝日に合わせて行きますね!

 

直感で生きるって、最高にエキサイティングで面白すぎる。
さて、あなたの楽しんぼ♪度は何パーセント?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  楽しんぼ♪度 診断テストを受ける

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です