孔雀明王さまは、サンキャッチャーなエネルギー?! 大人の修学旅行 in 奈良 その4 正暦寺編

Pocket

まりちゃんの神社ミッションに便乗しての奈良旅行!!

いよいよ、本命!!孔雀明王様に会いに行きます!!

一日目の様子はこちら♪
↓↓↓↓

もう一度行くなら奈良ですぞ! 大人の修学旅行 in 奈良 その2 法隆寺編

スマホケースとチョーカーとサッカー選手

孔雀明王さまに会いに行く…とはいうものの、実は、「孔雀明王」って今回初めて聞いたお名前でした。

「くじゃくぅうう??」

って思ったのも確か!!笑

ただ、まりちゃんから「孔雀明王」というワードを聞いたときに、

「そういえば、なんか、孔雀が気になっていた感じがしていたけど、どうしてかしら?」

そんな印象がぬぐえなかったのですね。

そんなに孔雀にまつわる何かが自分にあっただろうかと。

しばし、考えていて、ハタと気が付く!!

あ…、今年の夏にスマホケースをいただいたけど、それ、孔雀だったーー!!

超!孔雀!!毎日見ていたのに意識にのぼらなかった!!

そういえば… とつられて思い出す。

先日金沢に旅行に行った時に、買おうかどうしようかめちゃくちゃ悩んだチョーカー!!

孔雀の羽を使っていた!!

商品の写真はないのですが、すごくきれいだったんですよね。

東茶屋街にあるお土産屋さんにありました。

金沢に行ったのが、まりちゃんの投稿を見るちょうど1週間くらい前のことだから、

「あらら!思ったよりも、結構、孔雀づいてた…」と思って、何気なくテレビを見たら、

サッカーの試合に出場してたのがピーコック選手!!!(確か、プレミアリーグ)

いるんですねえ、そんな名前の人。笑

まりちゃんの神社ミッションではあるけれど、もしかしたら、私にとっても何か意味があるのかもしれません。

 

 

紅葉の名所、正暦寺

さて、その孔雀明王様ですが、どちらにいらっしゃるかといえば、奈良の正暦寺というお寺です。

山寺でございます。

車がない私たちにとっては都合が良いことに、
秋の紅葉シーズンのみ、季節限定の臨時バスが出ています
(それ以外の季節に行かれる方は、車を使ってください。バスはないです!!)

奈良駅から、私たちはバスに乗りました。

大人一名で、片道500円ちょいくらいだったかな。

季節限定のバスなので、奈良駅付近にいくつか停車する以外は、正暦寺まで途中は止まりません。

バスを降りたら、しばし歩きます。

この日はお天気も良かったので、歩くのも楽しい♪

 

そして、正暦寺!!正門!!

この門を入って右手側にお手洗いがあります。

1つしかないけど、西洋式できれいです♪

 

お寺に入ると、庭に向かって大きく開かれている本堂があります。

この季節、紅葉の赤、銀杏の黄色、柿の橙と、色とりどりの樹木が縁側から望め、本当に美しい。

借景、というやつですね。

この写真はお借りしましたが、こんな風に、
陽だまりの中、思い思いに参拝者のみなさんくつろいでいました。

それだけで、なんだか幸せ。

 

日差しがあったかくて、
何時間でもぼーっとしていられそうなそんな素敵なところでしたよ。

 

 

 

孔雀明王さまってどんな仏様?

そして、いよいよ、孔雀明王様とご対面!!!

写真は撮るのがはばかられましたので、画像はお借りました。

孔雀は、コブラの天敵らしいです。

つまり、孔雀って、コブラを食べるんです!!

ビックリ!!!

優雅な見た目からは想像できないワイルドさ!

ギャップがすごいわ!!

そういうわけで、孔雀明王様は、
心身の毒を取り除き、健康を願う仏さまとして信仰されているのだそうです。

全体像っ!!

本当に、孔雀に乗っておられます!!

仏さまだから重さはないのかもしれませんが、
足が細いせいか、孔雀!頑張れ!!って思っちゃいます。

孔雀のせいかな?

当初イメージしていたよりも可愛らしく感じました。

 

私は可愛らしい感じがしたのですが、
まりちゃんは、軽い感じがしたって言ってました。

サンキャッチャーみたいな感じ♪ って表現していたのが、とても印象的でした。

 

どういうことか、気になる?? 気になりますよね??

この時まりちゃんが感じたエネルギー、
そして神社ミッションにも通じるのだけど「ミッション」をテーマにした二人のおしゃべりは、
別記事にまとめますので、よかったらそちらをご覧ください。

はち∞まりのおしゃべりが聞けるズム端の音源を聞いてみるのもすごくおすすめです!

深イイよ!!

音源はこちら♪
↓↓↓↓
http://gokko.club/zumubata/

 

もう少し山道を登っていくと、鐘もありました。のどかです。

 

こちらには、薬師如来さまがいらっしゃいます。
今も昔も、健康は、人が心から欲しいものなのでしょうね。

 

山あいを流れる川の上にかかる紅葉。美しい…。

紅葉のにしき、神のまにまに♪
(手向けの山の紅葉を捧げるので、神よ 御心のままにお受け取りください)
小倉百人一首の中にある歌の一節。

紅葉の盛りは少し過ぎてる感じがしましたが、
そんなフレーズが浮かぶほどきれいでしたよ。

 

バスがくるまで、お店でしばし休憩。甘酒飲んでます。
まぶしそうなのは、ご愛敬♪

 

あんずのドライフルーツ!美味しすぎた!!!
色からして美味しそうでしょう?

 

 

すべパーな事は、残念な出来事と一緒にやってくる?

散々、遊んで、食べて、秋の紅葉を楽しみ尽くしてから、帰りのバスに乗るべくバス停に行ってみると…

なんとーーー!!!

バスが満席で乗れませんでした!!

次のバスは一時間後!!!

なのに、誰一人として落胆もせず、あっけらかんとしている。

はち∞さんなんかは、むしろ面白いことになってきたーーって顔をしている。笑

「またお茶するとか、もねえ…」
「どうする?歩く?」
「そういえば、バス停が山のふもとにあったよ」

(注:ふもとのバス停は、あるだけです。使われてないので、気を付けてくださいね)

そんな会話をしていると、私の目の端に、タクシーが参拝者をのせて山道を登っていくのが見えました。

あ、タクシー…。あれに乗れないかな?

と思って気に留めていたら、しばらくしたら、なんとも都合がいいことに、空車で降りてくる。

やったーーーー!!!

さっそくタクシーを停めて、
同じようにバスに乗れずにいたオジサマをお一人ゲットして、
一緒に奈良駅を目指す。

旅は道連れ、世は情けだよね♪

もしもあのままバスに乗れたとしても、
ぎゅうぎゅう詰めの中、
小さい子連れで数十分立ちっぱなしというのはきっとしんどかった!!

だから、
結果的にバスに乗れなかったのは、すべパー(すべてパーフェクトの略です)だった!!

タクシーの運転手さんとも仲良く話しながら、
奈良公園近くの紅葉のきれいな道を通りながらタクシーを走らせてくださるサービスっぷり!!

本当に、より良い展開や面白い流れは、
一見残念なシチュエーションに見せかけてやってくる。

何かあってもいちいち残念がらず、
面白い流れになることを信じて、目の前の世界を楽しむのって大事ですね!

とはいえ、もしも、紅葉の季節にバスで正暦寺に向かわれる方がいらっしゃったら、
少しお時間に余裕をもって、バス停に向かってくださいね!

 

鹿に思う、受取力について

奈良公園までタクシーで楽々移動した私たち♪

今夜の宿泊場所に行くまでに少し時間があったので、気ままな散歩を楽しむことにしました。

興福寺で、五重塔を見たり…

お参りしたり…

 

せっかく奈良公園にいるんだから、鹿に、鹿せんべいもあげなきゃね♪

 

まなちゃん、初!!鹿に鹿せんべいをあげるの図!!可愛い!!

 

鹿たちが、ドンドン鹿せんべいに群がってくることを想定していた私たちですが!!

これがまた、意外にも食べてくれないっ!!笑

夕方にもなると、たくさんの観光客に、次々に鹿せんべいを与えられ続けて、飽きていたのかしら?

人によっては、5,6枚いっぺんに差し出す大盤振る舞いな方もいらっしゃったから。

「またせんべいかよ…」

って風で、ふいっと顔を背けて、なんだったら、草を食べてました!!

まさかの、鹿が、飽食の世代!!!笑

 

ふと、思う…

鹿に限らず、自分が差し出すものが、相手に喜んで受け取ってもらえるって、やっぱり嬉しい。

ますます、何かしてあげたくなっちゃう!!笑

喜んで受け取るところに、たくさんのモノや情報が集まるのもそういうことなんでしょうね。

鹿を見ながら、受取力について考えちゃいましたよ。

この鹿たちのように、自分がいらなかったら、拒否していいんですが、

もし、何かいただいたり、してもらったりして嬉しかったのなら、

あえて、少しオーバーかなって感じで喜びを表現してみるのもいいかもしれません。

どんな時でも冷静でいるのがオトナ… ってわけじゃないですよね。

 

そうそう!

奈良公園近くにある、中谷堂さんのお餅、食べてみてください!!

つきたて!やわらか!!あったかい!!!

 

うーーーー!!

まーーーー!!

いいいいいぃ!

 

おなかが空きすぎていた… というだけかもしれませんが。笑

空腹は最高のスパイスだね♪

 

 

そして、奈良2日目の夜は、
はち∞まりの楽しいおしゃべり、zoom端《ズムバタ》会議 in 奈良 へと続きます!!

テーマは「ミッション」

お楽しみに♪

ミッションって何だろう? 大人の修学旅行 in 奈良 その5

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です