秋の瀬戸内、大崎上島へ

Pocket

小さな島国「日本」といったって、
一生のうちで、そのすべてを回り切れるものでもありません。

この秋、不思議なご縁がつながって、
今年の春まで、名前も知らなかった瀬戸内の島に、
はち∞さんと行ってきました。

その島の名前は、大崎上島。

 

どうしてその島に旅行に行くことになったかといえば、
それは、友達のひとみんが住んでいたから。

もしかしたら、一生、知ることさえなかったかもしれないその島は、
私にとっては、とても大好きな場所のひとつになりました。

友達の住む島に行った…という、ごくごくプライベートな投稿ですが、
とても素敵な時間だったので、よかったら読んでみてくださいね。

 

 

大崎上島はどこにあるのか?

 

大崎上島は、瀬戸内海に浮かぶ島です。

広島県竹原市から、南に(瀬戸内海の方)10キロほど離れたところにあります。

 

まあまあ大きな島なのですが、本土と島とを繋ぐ橋がないため、
竹原という港から、フェリーに乗って行かなくてはなりません。

あら、不便!!
でも、素敵!!

フェリーという制約があるため、
昔ながらでゆったりした空気感があるのがとてもよいです。
とはいえ、宅急便だとか引っ越しの時は、やはり大変なんだそうです。

まず、料金高くなっちゃうしね。

ほかにも、本土とつながってないため、
「ええっ!!そうなの?!」っていうような
離島あるあるがありますが、それはおいおい。

 

フェリーに乗り込む前の、ノリノリな二人。

このあと、乗り場を間違えてあたふたとなる残念な展開。
もちろん、間に合いましたけどね。笑

港では、無事にひとみんに会えました。

嬉しすぎたのか、再会直後からしばらく写真を撮ってません!!笑

私とはち∞さんは関東地方に住んでいるので、
久しぶりのリアルひとみんを感じられてうれしかったんですよね!!

 

 

ひとみんって、誰??」というあなたへ

 

ひとみんとは、春に、お話会を通して出会いました。

中卒のシングルマザーであり、女性起業家である彼女は、
ビジネスのことなど全然知らないところから、
事業を立ち上げて成功させ、
さらに、世界一周(それもなかなか普通は行かないようなところ)をしてきた女性。

それを聞くだけでも、
彼女がいかにバイタリティがありパワフルかわかりますが、
同時に、すごくすごくピュアでかわいい女性でもあるんですよね。

ピュアで情熱があるからこそ、ゆずれないこだわりがあるってこと。

ひとみんのこだわりは、私の理解では、いのち。
そして、食べ物。つまり、食べること。
人として、ものすごく基本的で大切なこと。
だから、私の中のひとみん像は、
可愛くて、そして大地の女神のような母性を持つ女性なのです。

お話会イベントを立ち上げたとき、ひとみんのことをはち∞さんがブログにしてます。
それを見てもらった方が、もしかしたら、伝わりやすいかも!
http://gokko.club/hitomin-1/

 

 

大崎上島では、ホテルに泊まらず、
ひとみんのお宅に宿泊させていただきました。

一緒にご飯を作って食べて、
たくさんおしゃべりして、
ひとみんオススメのスポットに連れて行ってもらいました。

そのことが、ただただ、とても”豊か”でした。

 

次回のブログから、
私が素敵だな~と思ったあれこれを
島の素敵スポットも交えながら、ご紹介できたらなって思います。

↓ ↓ ↓ ↓

大崎上島の温泉!!海とつながる絶景露天風呂!!!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です