楽しんぼ♪はこうして生まれた

Pocket

 

私は演技過剰だ・・・

何をするのも、ついついオーバーリアクション。
これは・・・まいこ(無口な夫)への対処方法かと思っていたが・・・

そういえば昔から、身振り手振りが多く、百面相だと言われていた。
それに磨きがかかってしまっただけだった・・・

よくよく考えてみると・・・
やはり原因は次郎長(姉)だった。

次郎長は専制君主。私は子分(奴隷?)

子供の頃の私は、どこへ行くにもいつも次郎長と一緒。
保育園や学校に行く時間を除き、朝起きてから、寝る直前まで一緒に過ごす。

もちろん子供だから、遊びが仕事。
一日、何時間もずーっと遊び続ける。

遊びと言っても、古き良き時代の事。
もちろんゲームなどはない。

「ごっこ遊び」というものが主流だった。

テレビの影響で

「清水の次郎長ごっこ」(←次郎長一番人気の遊び)
「仮面ライダーごっこ」
「アタックNo1ごっこ」
「水戸黄門ごっこ」
「ウルトラマンごっこ」
「マジンガーZごっこ」
「巨人の星ごっこ」
「タイガーマスクごっこ」
「エースを狙えごっこ」
「キューティーハニーごっこ」

など、ヒーローもののオンパレード!!!

しかも、当然、ヒーロー役は次郎長。
そうなると・・・必然的に脇役は全部、私がやるハメになる。

ある時は、ヒーローの仲間。
またある時は、ショッカー。
またある時は、切られ役。
またある時は、両親役。
またある時は、敵のボス役。

それはもう、どんな役でもこなさなければならない。

本気で痛がり、転がり、助けを求め・・・
次の瞬間には、違う役となって、立ち回る。
どんな時も、真剣にやらなければならない。
恥ずかしがっている場合ではないのだっ。

次郎長を満足させる為だけに・・・私の演技力は上達した・・・

それを知ったのは小学2年生の時・・・
学芸会の出し物「白雪姫」で・・・

私の役は「意地悪な継母役!」

これなら、毎日見ているだけあってオテノモノ!

私は、いつも通りに演技した・・・

発表が終わった後の事・・・

「あの子見ました?すごかったですよね。」
「なんて上手なんでしょう。」
「ものすごい迫力だわ。」

と親達の間で、私の継母役は大・大・大評判!!!

(なんでアレくらいの事で驚くのか?)
本人は分かっていなかった。

その後、小学校卒業までに、「白雪姫」は毎年上演されることになった。

白雪姫役は、その都度変更されたが・・・
継母役は、常に私の独壇場となった。

これは・・・次郎長に感謝すべきか否か?
悩むところである・・・

 

何はともあれ、
こうして、楽しんぼ♪はち∞は、この世に誕生したのであります!

 

ぜひ、楽しんぼ♪仲間になって、はち∞さちと一緒に遊んでくださいね。

さてさて、あなたの楽しんぼ♪度は何パーセント?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  楽しんぼ♪度 診断テストを受ける

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です