楽しんぼ♪はこうして生まれた

Pocket

 

次郎長がなぜ、一徹か?

奴は、トンでもない根性好きなのであった・・・
当時、スポ根全盛時代。

部屋の本棚は、ほぼスポ根マンガで埋めつくされていた・・・

もちろん『巨人の星』も!(あ、それとなく新・巨人の星もあったな)

スポ根マンガに、ヒロインが登場するシーンでは、本気で怒っていた。

「なんじゃ、このオンナはっ!邪魔だっ、どけっ」

そんな訳で、すっかりスパルタ教育に目覚めてしまった・・・

全く何を考えたか、毎日の訓練メニューというものがあった・・・
根性を鍛える目的らしい・・・
(絶対に本人は忘れているに違いない・・・)

その中に、うさぎ跳び(当時、根性と言えばコレ!)があった。

一体なぜ、私がうさぎ跳びをやらなければいけないのだろう?
全く意味がない。
根性鍛えて、どうしろというのか????
私は、極度の運動オンチ。
オリンピックだって、野球選手だって、全く関係ないのにっ!

しかし、次郎長は常に本気。

とてもじゃないが・・・「嫌です」とは言えない。
いやいや、しぶしぶ、うさぎ跳びをする私。

「なんだ、その顔は。もっと真剣にやれっ!」

監視だけはスルドイから、手抜きもできない・・・

あまりの理不尽さに耐えかねて・・・
後にも先にも、たった一度だけ、逆らったことがある。

「いやだ。何でそんな事しなくちゃならないの。」

・・・・・・(ー_ーメ

ヒィィィィィ(゚∀゚;ノ)ノ 

あの時の次郎長の顔・・・
一生忘れないかも・・・

その後、一週間、口をきいてもらえなかった。
次郎長以外に、家では、話す相手もいない私。

これは・・・もう地獄以外の何ものでもない。

次郎長の方は、全く平気。
このままでは、今後一年でも、一生でも、口をきいてもらえそうにない・・・

私は・・・私の運命を悟った・・・

(この人に逆らっては、私の人生はないのだ・・・)

一週間後、屈辱の謝罪は行われ、あっぱれ?(いや哀れ)
はち∞は奴隷の座に返り咲いた・・・

家だけではなかった。
学校でも、こうやって子分を作っては脅していた・・・

同士の皆さん、本当にごめんなさい。
とりあえず、後ろから攻撃もせず、よくぞ耐えてくださいました・・・

今の次郎長なら、多少、言葉というものが通じます。
同窓会などでお会いになる時には、
恨み言の一つも、言ってみてはいかがですか?

あ、後の責任は負えませんが・・・

(次ページへつづく 上記参照)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です